容姿の最低ラインを知っておけば風俗バイト選びで有利です

風俗バイトでは、採用されるかされないかという線が存在しています。
そこで大切なのが、容姿の最低ラインを知っておくという事です。
自分がそのレベルに到達していれば問題ありませんし、まだ至っていない場合は、努力をしてそこまで持って行こうという気持ちを高めていくべきです。

お店によっても違うという大前提はありますが、大まかにでも理解しておけば今後のお店選びで役に立ちます。
自分自身働けそうかどうか、こちらを見て確認しておきましょう。

クラスで1番ブスでも働けるかどうか…

学校他の人と比較をする時に分かりやすく説明するために、ここでは学校のクラスをイメージしていただきたいです。
1学級に40人いて、その内20人ずつ男女がいるという平均的なクラスです。
その20人の女の子の内、もっとも美しくない20番目の女の子であっても風俗店で働けるかどうかですが、これについては、8割から9割は問題ないと考えて頂いていいでしょう。
働けるお店に関してはかなり制限されますが、そちらであれば十分に在籍が可能です。

ポッチャリ専門店に代表される激安店ですから、稼げる金額は他のお店に比べると随分少なくなってしまいます。
そうは言っても、1回接客すれば1時間あたり4000円ぐらいは頂けますから、悪い話ではないでしょう。
普通のバイトですと時給900円とか、それぐらいが当たり前ですが、そこで辛い思いをしてお金を稼ぐぐらいなら思い切って風俗業界に飛び込んでいただきたい所です。
意外と褒めてくれる男性も多いので、精神的な満足度も高める事ができます。

気になるのは、残された1割から2割程度の女の子です。
何らかの病気ではないかと疑われるような場合であれば、お店側としても不採用を通知せざるを得なくなってしまいます。
1つの目安として考えていただきたいのはブス弄りの対象になっているかどうかです。
イジメや弄りは良くない事ではありますが、もしそれをされているという程度なら、そこまで深刻な容姿ではない可能性の方が高くなります。

こういった行為というのは本当の意味での弱者に対しては行われない事が多いです。
例えば、障害者の人達というのがいる訳ですが、いくらイジメっ子であったとしても、その人たちをターゲットにする事は殆ど無いでしょう。
ですから、イジメや弄りの対象になっているなら喜んでくださいとは言えませんが、働けるかどうかで言えば、どうにかなるという事は間違いありません。
沢山のお店がありますから、早速求人サイトで探してみましょう。

容姿不問なんて言葉を使って求人をしているお店が多い事が分かるはずです。
これは口先だけでそう言っている訳ではなくて、実際その通りだったりします。
そうは言っても自信がないなら、とりあえず面接に応募してみましょう。
結局、採用するかしないかはお店側の人達が判断する事であって、皆さん自身ではありません。

不採用だからといってペナルティが発生する訳でもないです。
自分の人生を大きく変えるキッカケにするために応募してみてはいかがでしょうか?

高級店の場合は上位3人から5人まで

表彰台容姿の最低ラインは風俗バイトの種類によって変わってきます。
先程は激安店のケースでしたが、高級店の場合はどの様になるのでしょうか?
クラスで例えてみると、20人中の上位3人から5人までといった辺りになります。
少し幅がありますが、これは全てのクラスに均一に同じ容姿レベルの女の子がいる訳ではないからです。

偶然少ないという事もあれば、少し多めになっている事もあるので、それを3人から5人という表現を使って表しています。
割合で言えば4人に1人、6から7人に1人といった感じですから、割と多いと感じられたのではないでしょうか?
しかし、残りの15人に関しては難しい訳ですから、人によって感じ方は違うでしょう。
もし、この範囲内に入っているとすれば、相当な高給を得られるチャンスを掴めます。

お店選びで大切なのは、できるだけランクの高いお店に在籍をするという事でしょう。
上中下の様に大きく分けて3つに別れているので、できるだけ上の方を目指すようにしてください。
激安店と高級店では稼げる金額が2倍から3倍程度は変わってきます。
もちろん同じプレイ時間ですから、全く効率が違うという事がお分かりでしょう。

友達があるお店で働いていて、そこで「一緒に働こう」と誘われるなんてパターンもある訳ですけど、やはりそういう時でもお店のランクというのは気にしておかないといけません。
自分の実力的に高級店で働けるにも関わらず、中級や激安店で働いてしまったら、時間の無駄遣いとしか言いようがないからです。
その高級店にしても、やはり上から下までありますから、そこの見極めが大切になってきます。
ただし、ここで注意しておきたいのは、高級店はどうしてもお客さんの数が少なくなります。

支払い料金が高くなりますから、お金持ちでなくては利用が難しい訳です。
その場合、自分自身が指名される機会が減ってしまう可能性が高くなるので、回転率というのも見ておかなくてはいけません。
客単価と回転率というのが重要なキーワードになります。
もう1つ大切なのは、お店に在籍したからといって高い報酬が約束された訳ではないという事です。

ここでも人気の有り無しが女の子によって大きく変わってきますから、ある程度の競争は覚悟しておいてください。
マニュアル通りにやっていればまず大丈夫ですが、それよりも高い報酬を得たいと考えているなら工夫が必要になります。
自分ではなくて、お客さんにとって理想的な女の子になってください
それがお金を稼ぐための近道です。

中級店はその中間にあたります

女性 シルエットクラス内で上位の5人ではなく、下位の5人でもない場合は、中級店で働ける可能性が高くなってきます。
稼げる金額についても高級と激安店の中間といった辺りです。

ただ、この3つのお店のランクというのは、しっかりと線引きされている訳ではないです。
その境界線は曖昧になっていますから、平均的な容姿の女の子であったとしても、高級店に在籍する事ができる可能性はそれなりにあります。
自分が働けるお店を決め付けてしまわない様に注意しましょう
一般的にブスと言われる女の子だと高級店の在籍は極めて難しくなりますが、実際働いている女の子もいるので諦めてしまってはいけません。

容姿というのは生まれつき決まっていて、変える事ができないという類の物ではありません。
いきなり高級店にトライするのが厳しいなら、まずは中級店にステップアップできる様に頑張って行きましょう。
段階を経ていく事によって、実現不可能に思える目標も達成できる様になります。

まとめ

誰が見てもブスと言えば酷いですが、そんな女の子であったとしても激安風俗店であれば働ける可能性が高いです。
風俗バイトにおける容姿の最低ラインというのは、かなり低くなっていると考えて頂いていいでしょう。
ただし、病気ではないかと疑われる容貌であった場合は、残念ながら不採用になってしまうかも知れません。

高級店の場合ですと、クラス内で上位25パーセントに入っていないと在籍は厳しくなってしまいます。
4人に1人くらいは働ける可能性がある訳ですから、案外高いという見方もできるでしょう。
中級店は激安店と高級店の丁度中間に位置しています。
とりあえずどこで働けばいいかな?と悩んだなら、少し条件の厳しめのお店にしておいてもいいでしょう。
もし採用されれば、その方が圧倒的に効率よくお金を稼げるからです。
現状どうしても激安店以外は厳しいという場合は、まずそこで頑張って実力を高めてから、中級店や高級店へ移籍するという事を検討しておきたい所です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする