風俗バイトは体力勝負?あんまり自信がないんですけど…

体力に自信があると自称する女の子はそれ程多くは無いでしょう。
風俗バイトというと何となく体力勝負のイメージがありますけど、実際はどうなっているのでしょうか?

もし、その通りだとすれば常日頃からトレーニングをしてスタミナを付けておかなくてはいけません。
それとは逆に、全くと言っていいほど力を使わないのだとしたら、誰にでもやり易い仕事だと言えます。
どちらが正解に近いのか、その答えを知りたい方は必見です。

休み時間の方が多いのが普通

時計売れっ子の女の子は別として、平均的な人気の女の子の場合、接客をしている時間は極僅かだったりします。
大半は待機部屋で休憩をしているという形になるでしょう。
5時間くらい出勤しても実際の接客時間は1時間だったとか、そんな事が日常茶飯事になっています。

ですから、その場合については体力は殆ど不要という事になるでしょう。
むしろ座っている(横になっている)時間が長過ぎて、休み疲れしてしまう程です。
その間に何をしているかと言えば、テレビを見るか、他の女の子との雑談に興じているといった感じです。
お店の方でちょっとしたスナック菓子とかジュースなんかを用意してくれていますから、そういった物をつまみながらという形になります。

あまりにもリラックスしていて、自分が働きに出てきているという事を忘れてしまう程です。
ただ、この状況というのは余り感心する事ができません
風俗業界のお給料は歩合制が基本になっているからです。
何をしにお店に来ているかという事をしっかり理解しておくべきです。

1人もお客さんの相手をしなかったとなれば、時間を無駄にしてしまっただけです。
お客さんから指名されたら直ぐにでも接客できる様に準備を整えておいてください。
トイレもできるだけ早い段階で済ませておく様にしましょう。
声が掛かってからトイレに行くという様では時間をロスしてしまいます。

できるだけ早く接客をしておけば、次のお客さんも出迎えやすくなります
時間無制限で出勤をしている女の子は1人としていないでしょう。
1日に5時間か10時間かは分りませんが、ある一定の時間が過ぎたら、そこで帰宅をするという形になっているはずです。
ですから、できる限り効率を求める様にしてください

自分なりの目標を決めておいてもいいでしょう。
最低でも1人、できれば2人のお客さんを相手にするといった具合です。
その日のノルマを達成したら、予定していた時間より早めに切り上げるなんて働き方もできます。
待機所というのはとても居心地がいいので、ついだらだらと過ごしてしまいがちですけど、それは良くないでしょう。

どうせ暇な時間になってしまうなら、日記ブログの更新くらいはしておくべきです。
それを見れば、お客さん側としても指名してあげようかなという気持ちになるでしょう。
接客中かどうかというのはサイト上に情報が掲載されていますから、お客さん側としても把握しています。
頑張り屋の女の子なら、応援してあげようというお客さんの気持ちも強くなります。

体力より精神力が求められる

悲しい実際の接客時ですが、そこまで体力が必要になるという事はありません
そもそも力仕事ではありませんから、それも当然という事になるでしょう。

持久力が必要になるかと言えば、そうでもないです。
体を動かすにしても本当にごく僅かですから、翌日筋肉痛になってしまうという様な事態は全く考える必要はありません。
日常生活でお風呂に入ったり歯磨きをしたりしている訳ですけど、それと同じような負荷しかかからないと考えてください。
ただ、別の意味で風俗バイトは力が必要になります

と言っても、体力ではなくて精神力という事になるでしょう。
心の強さというか、そういったものが必要になってきます。
ストレス耐性という言い方をしてみてもいいでしょう。
精神的に脆いタイプですと、どうしても風俗バイトは長続きしません

全く面識の無い男性が次から次へとやって来る仕事ですから、人見知りのタイプですと早い段階で辞めてしまうという事がとても多いです。
ですから、働く前の時点で、それなりの覚悟をしておかなくてはいけません
どのお店でも求人では大金を稼げるという事を殊更にアピールしています。
皆さんとしてもそれが目当てですから、それにばかり意識が集中してしまっているはずです。

でも実際には、お客さんの接客をして初めて報酬が頂けるという仕組みになっていますから、それを無視する訳にはいきません
頭の中で、ある程度接客の様子を思い浮かべておく様にしてください。
その際に参考になるのがネット上にアップされている風俗体験動画です。
アダルトビデオを参考にする方もいる様ですが、これはあくまでもフィクションですから、実際の接客とは差が大きいです。

体験動画の方がリアルですから、こちらを見ておきましょう。
皆さんも、これと殆んど同じ行為を男性客相手に行うことになります。
何度も繰り返し見る事によって、仕事に対する抵抗感というのも徐々に薄れていきます。
精神力というのは身体の様に鍛えるのではなくて、考え方を変える事によって強くなって行くものです。

色々と自分なりに考えてみてください。
そもそも性的な仕事はいやらしいものなのかどうか、一般のバイトで得られる報酬との比較など、そういった事を冷静に分析してみると風俗バイトが意外と楽しく効率的であるという事が分かります。
知らない人の相手をするのは気持ち悪い!という部分にばかり着目すれば、早い段階で嫌になってしまうのは避けられないでしょう。

最初の何日かが分かれ目になる

カレンダー心が折れるなんて表現が、いつからか使われる様になりましたが、そうなるかならないかは働き始めてから何日間かの間で決まります
その時点でギブアップしてしまう女の子がとても多いので、これを乗り越えるようにしてください。
最初の山を越えれば後はどうにでもなるというのが風俗バイトです。

これは学校でも会社でも、どこでも同じ感じではないでしょうか?
最初の数日をクリアできれば、何とか馴染むことができます。
とりあえず、1週間ぐらいは頑張って働き続けてみてください
これはもう無理だ…と諦めてしまう事は必至といった感じですが、人間というのは誰にでも適応する能力があります。

それが開花するのを待つようにしてください。
と言っても、そうなるまでの期間はとても短いはずです。
最初は大変だったけれど、今では慣れっこになってしまったと笑って言えるようになるのも時間の問題でしょう。
そこまで行ければ、もう後は大丈夫です。

まとめ

体力勝負の風俗業界で過労死してしまうのでは…と心配されている女の子もいるのかも知れませんが、一般的な風俗バイトでは休み時間がとても多くなっています。
人気の女の子でもなければ連続して接客するという事もありません。

むしろ、休み時間があまりにも多過ぎて稼げないのではという事を心配しておくべきでしょう。
体力よりも求められるのは精神力だったりします。
打たれ強さであるとか柔軟性がある女の子が、この業界では活躍しやすい傾向があります。
前もってどのような仕事が行われるか下調べしておいてください。

それを思い浮かべておけば、実際にお客さんの相手をした時の違和感を少なくする事ができます。
継続して頑張れるかどうかは、最初の何日間かをクリアする事ができるかどうかに掛かっています。
とにかくこの数日を乗り切るようにしてください。
体力勝負ではないので、その点については安心です。

心の持ち様の方が大切ですから、その辺りを意識した上で仕事に取り組みましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする