ハードサービスの風俗バイトなら効率よく稼げます!

いわゆるハードサービスの風俗バイトであれば、沢山のお金を短期間で稼ぐ事ができます。
それ自体は大きなメリットですが、その分だけ仕事の内容はキツくなってしまいます。
その辺りの事情をよく知っておかなくてはいけません。

稼げるという事ばかりに目がいってしまう傾向がありますけど、それなりの大変さというのがあります。
時間に余裕があるなら急ぐ必要はありません
ゆっくり時間をかけて今後の判断をする様にしておいてください。

過激になるほど稼げる様になる

棒グラフ風俗バイト全般に言える事として、ハードサービスになるに従って稼げる金額が増えていきます。
過激と言っても具体的にどんな内容なのかよく分からないでしょうけど、例えばSMとかスカトロ等は非常に分かりやすいでしょう。
ムチで打ったり打たれたり、大便や尿を食べたり飲んだりという事になれば、それなりのお給料を貰えなくては割に合いません

実際、そういった事ができる女の子というのは極少数ですから、自然と高給になっていきます。
それができる女の子と、そういったプレイを求めるお客さんそれぞれの割合によってプレイ料金は決まってきます。
スカトロができる女の子はとても少ない割に、それをしたがるお客さんが多いので、自然とプレイ料金は高額になります。
もし、皆さんがそういったプレイに抵抗なく臨めるというのなら、やってみる価値はあるでしょう。

ただ、それなりのリスクもあるため、それについてはよく知っておかなくてはいけないです。
例えば、大便を食べるという事になれば、そこには多種多様な雑菌が含まれていますから、それが原因で病気になってしまうなんて事も考えられます。
基本的に体にとって不要な物だからこそ排泄された訳で、それをまた食べるというのは、ある意味では矛盾した行為です。
後で病院にしばらく通わなくてはいけなくなってしまえば、せっかく稼いだ沢山のお金も無駄になってしまいます

無理をせずに安全な橋を渡っておいた方が良いという考え方もできるでしょう。
スカトロは極端なので、それよりも簡単なハードプレイを選択しておくなんてやりかたもあります。
顔射とかゴックンなんかがそれにあたります。
こちらも大変な面がありますけど、先程のプレイと比べれば比較的やり易いでしょう。

こちらであれば、一般的な風俗店でもオプションとして用意されている事が大半です。
顔射とゴックンを比べると危険なのは後者で、これによって性病に感染してしまう可能性が高くなってしまいます。
この問題を解消するために、何か飲み物を飲むという事をお勧めしたいです。
中途半端に喉に精液が留まっている状態の方が危険ですから、それを一気に流し込むという感じです。

そうしておく事によってリスクの低減に繋げる事ができます。
どこまでやるかは皆さん次第ですが、その時々の事情に応じて働き先を変えてみるといいでしょう。
一刻も早くお金を稼ぎたいなら、他の女の子がしそうもない過激な風俗バイトを選択せざるを得ません。

安全を優先して働いてもいい

コンドーム様々なリスクが潜んでいるハードサービスですから、無理をせずにソフトサービスの風俗店で働くという選択肢もあります。
ただ、この場合は稼げる金額がやや少なくなってしまいますから、何らかの方法でその額を増やしていく必要があるでしょう。
一番簡単なのは出勤する時間を長くするというものです。

仮に今まで6時間出勤していたとすれば、それを倍の12時間にするとか、そういう風にすれば単純計算で得られる金額も2倍になります。
少し遠回りにはなってしまいますけど、これでもそれなりの収入増になりますから、こういった働き方を検討しておいてもいいでしょう。
焦っている時というのはどうしても視野狭窄に陥ってしまいがちです。
ハードサービスしかないと考えてしまいがちですけど、意外とそうでもありません。

焦っている時こそ努めて冷静になっておいてください。
そうする事によって、自分にとって最良の選択をする事ができる様になるでしょう。

まとめ

これはやりたくないな…と思える程のハードサービスの風俗バイトであれば、その分だけ報酬も高額になっていきます。
どうしても短期間の間で大金を得たいなら、こういった働き方を考えなくてはいけません。
ジャンルとしてはSMやスカトロが代表的な物です。
誰にでも簡単にできる業態の場合は、どうしても得られる金額が少なくなりがちです。

これは風俗に限定せず、どの分野の仕事においても同じだと言えます。
そこまでのリスクは背負うことができないという場合は、それよりも比較的やり易い風俗の仕事で働かなくてはいけません。
このケースで収入を増やしていきたいなら、出勤する時間をできるだけ長くする様にしてください。
そうする事によって一定の効果が見込めます。

全くリスクなく稼ぎたいというのは分かりますが、そこまで都合よくはできません。
自分にとってどの働き方がベストなのか、それについて一度考えてみていただきたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする