接客の経験がある女の子なら風俗バイトも上手にこなせます

接客の仕事をした経験があるという女の子であれば、風俗バイトにも上手く対応しやすいです。
自分自身のこれまでの仕事を振り返ってみてください。
経験があるなら有利になりますけど、そうでなければできないかと言えばそうではありません。

その場合、どの様にすれば上手く風俗の仕事に慣れることができるか知っておく様にしましょう。
容姿の良さに匹敵するぐらい重要なポイントですから、ここをしっかり押さえておく必要があります。

基本的な挨拶の仕方を理解している

Hello接客バイトをした経験のある女の子は、当然ながら一連の挨拶をそつなくこなす事ができます。
いらっしゃいませ、ありがとうございました…という言葉を何度となく繰り返す事になるからです。
できるまではお客さんの相手をさせる事はできません
その結果として、不自然ではない挨拶をする事ができる様になります。

風俗店側としても教育をする手間が省けますから、そういう女の子であれば、とても都合が良いという事になるでしょう。
面接時においても、過去にその様なバイト経験があるなら、相手側に伝えておかなくてはいけません。
そうすると、それだけで採用してくれる可能性が跳ね上がります
この時に、その業種がどれぐらい重要になるかですが、そこまで大きな差が出る訳ではありません。

喫茶店の店員でもホテルのコンシェルジュでも似たり寄ったりという感じです。
ただ、どちらかと言えば後者の方が言葉遣いに優れているので、お店側としては欲しい人材だと言えます。
もちろん、風俗店にやって来るお客さん相手に全く同じ対応が通用するかと言えば、そうではありません。
それなりにやり方を変えていかざるを得ません

ただ、元々の対応力が優れていますから、いくらでも対処する事ができるでしょう。
最初の段階で不自然になってしまうのは仕方ないです。
何日か続けていると、あっという間にその場に馴染んできますから、それまでは頑張り続けましょう。
それ程長い時間は要しないはずです。

風俗店にはマニュアルがあるので、それを一読してください。
そうすれば、基本的な挨拶の仕方等を把握する事ができます。
これまでの仕事と比較して特別にやりとりが難しいなんて事はありません。
基本に関しては特に問題は無いでしょう。

むしろ、それとは違う雑談の時間が長いのが仕事の特徴になっているので、こちらの方を上手くこなす様にしてください。
世間話を充実させるために新聞を読んでおくとか、そういった事をしておいても構いません。
皆さんは既に挨拶という基本を身に付けていますから、次にステップアップしていかないといけません。
最初の段階でそれなりに上手くいっているので、その後が適当な感じになってしまうケースが多いです。

これでは自分の実力を十分に発揮しているとは言い難いです。
伸び代はかなりありますから、できるだけ頑張るようにしてください。
本人の取り組み方次第では、トップクラスの売り上げを達成する事も十分に可能です。

対人恐怖傾向が強い人は不利になる

悩み人に対して恐怖心をどの程度抱くかは個人差がとても大きいです。
誰に対してでも人見知りする事なく話し掛けられる人もいれば、自分からは声を掛ける事は無いなんて人もいます。
接客の仕事をする人たちというのは、基本的に対人恐怖傾向が殆んどないですから、そういう意味で風俗バイトに向いているという事が言えます。

逆に言えば、そういった仕事をこれまでした事かない人は、対人関係がそれなりに苦手という事になるでしょう。
その場合、どうすればいいか考えなくてはいけません
まず1つ考えられるのは自分自身も何らかの接客バイトをするというものです。
ハンバーガー屋さんでも、コンビニ店員でも、何でもいいでしょう。

そこで半強制的に挨拶の練習をすれば、一通りの事ができる様になる可能性が高いです。
自分には無理だと思っている事柄であっても、やらざるを得ない場面に遭遇すればどうにかなる場合が多いので、思い切ってバイトを始めてみてもいいでしょう。
もし、それが面倒に感じられるなら、自宅で挨拶の練習をするというのも1つの方法です。
ただ、これはかなり難易度が高くなります

どうしても恥ずかしさというのが強くなってしまうので、声が小さくなってしまいがちですし、長続きしないという面があります。
それを乗り越える事ができるかどうかがポイントになってくるでしょう。
自宅で声を出すと近所に響いてしまうという場合はカラオケ店を利用して、そこで声を出すのがオススメです。
それ以外のパターンとしては、いきなり風俗店に飛び込むなんていうのもあります。

かなりの荒治療になりますけど、これが上手くいくケースもあります。
大切なのは、まず声を出すという事です。
最初は小さな声でも構わないので頑張って声を出す様に努めてください。
優しいお客さんが多いですから無言でも許してくれるとは思いますが、それではやはり進歩は望めません。

接客が得意な女の子に対抗するために、自分なりの努力が求められる事になります。
人間の性格というのは曖昧な物で、実際は暗くないのにその様に思い込んでいるケースが多々あります。
不慣れな接客であっても場数を踏めばある程度は慣れてきます。
1回目と2回目の接客は同じように見えて全く違います。

10回20回それを続けていけばどうなるかは何となく予測できるでしょう。
希望を持つようにしてください。
向上心がある女の子であれば、時間は掛かるかも知れませんが、平均以上の接客スキルを習得する事ができます。

声が出せたら次は表情を意識する

表情接客ではまず声を出すことが大切です。
これがクリアできた後ですが、その次は表情を意識する様にしてください。
一言で言えば、笑顔で対応をしましょうという話になる訳ですけど、これに苦労しているという女の子は数知れずです。
テレビに出演している芸能人なんかは難なくこなしていますけど、一般の人だと得意な人とそうでない人に大きく分かれてしまいます。

もし苦手だとすれば、やはり笑顔を作る練習をしなくてはいけません
声を出すことよりも、表情の方を先にどうにかした方がいいのではと考えるかも知れませんが、人前で平気で笑顔になれるタイプの女の子なら、声を出すことに対する抵抗感も少ないです。
優先順位としてはまず声を出すを先にしてください。
肝心の表情ですが、強張ってしまうのには理由があります。

表情筋に問題があるからそうなるのではと考える女の子もいますが、筋肉その物には何の異常もないという事が大半です。
1人で部屋の中でバラエティー番組を見ている時、笑った経験があるという女の子の方が多いはずです。
もし、表情筋そのものに問題があるとすれば、笑うという事自体が困難になってしまいます。
ですから、それ以外の部分に原因があるという事になるでしょう。

実は、その理由は既に分かっていて、一言で言ってしまえば「生まれつき緊張しやすいから」という事になります。
先程の挨拶と同じで、上手くできないのは生来の面がとても大きいです。
人間の脳には扁桃体と呼ばれる部分があります。
ピーナッツと同じぐらい小さな部分ですが、ここが敏感に反応しやすい人と、そうでない人が存在しています。

緊張しやすい人というのは扁桃体が反応しやすい人ですから、その場合ですと、これまで述べてきた様な問題を抱える事になってしまいます。
どうしてそんな面倒な体質で生まれてきてしまったんだろう…といった所ですが、扁桃体の存在そのものはマイナス面ばかりではありません。
タイプとしては用心深いので、事件や事故等に圧倒的に巻き込まれにくいです。
上手くいかないケースを想定するのが得意とも言える訳ですから、外出時はしっかり部屋の鍵を掛けたりしているのではないでしょうか?

扁桃体が鈍感だと色々な事件や事故に遭遇する確率が高くなってしまいます。
ただ、風俗の仕事でお客さんに対して警戒するというのはマイナスになってしまうので、それについては例外的な捉え方をしておかないといけません。

幸い緊張状態は長時間続かない

時間リラックスさえすれば風俗バイトで上手く接客ができる様になる訳ですけど、これは自分の意思でコントロールするのが極めて難しいです。
為す術無しといったようにも感じられますが、実は対策はあります。
それは、ただひたすら緊張状態が解けるのを待つという方法です。
いくら緊張しやすい女の子であったとしても、その状態は何十分も続く訳ではないという事を知っておきましょう。

例えば、お客さんが2時間のコースを指定して皆さんと対面したとします。
対面した瞬間の時と、お別れが近くなってきた時を比較して、自分の心境はどの様に変化しているでしょうか?
友達の様に親しくなったとまでは言えないにしても、最初に比べれば幾分マシな状態になってきているのは疑いようがないはずです。
たった2時間でこれですから、何日も続ければよりリラックスできるようになります。

直ぐにお店を卒業したりせずに、しばらく頑張り続けてください。
いつの間にか自然と接客できていたなんて事も十分にあり得ます。

まとめ

挨拶ができなければ、風俗の仕事は上手く行きません。
そこで大切になるのが、これまでの接客経験の有無です。
どんな仕事内容であったとしても、人と関わってきた人たちというのは、上手に挨拶をする事ができます。
問題になってしまうのは、そういったバイトをした事がない女の子たちです。

対人恐怖の傾向が強いと言えますから、風俗の世界で働く上で困難が多くなってしまいます。
その場合は自分なりに工夫して障壁を乗り越えていかなくてはいけません
挨拶は練習によって、それなりに上達して行きます。
この段階では、とにかくお客さんの目の前で声を出すという事に意識を集中する様にしてください。

無言でもどうにかならなくは無いですが、印象としては最悪の物になってしまいます。
その段階をクリアできたら、次は笑顔を心がける様にしてください
緊張しやすいタイプの人が多いでしょうけど、ずっとその状態が続く訳ではありません。
働き続ける内に自然とリラックスできる様になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする