風俗バイトの種類によってはピルを飲む必要があります

妊娠のリスクを著しく下げる効果があるのがピルです。
風俗バイトではお客さんを相手に性的な行為をしますので、ピルを飲まなくてはいけないと考える女の子がいますが、一律に飲まなくてはいけないと決められている訳ではありません
それぞれによって必要か不要かが変わってきますから、それらをよく把握しておく様にしましょう。

副作用があるとも言われていますので、必要最小限の服用に留めておくという事が大切になってきます。

ソープで働く場合は飲んでおこう

石けんざっくり風俗バイトを分けるとすれば、ソープとそれ以外という言い方ができます。

この両者には決定的な違いが存在しています。
何なのか、ご存知の方もいらっしゃるかも知れません。
それを一言で言えば、本番行為が行われるか行われないかになります。
ソープではいわゆる本番がプレイで行われますから、それをよく分かっておく様にしましょう。

本番というのは男性のペニスを女性の性器の中に入れる事を意味しています。
どうすれば女の子が妊娠をするか、それを知らないという方は殆どいないでしょう。
膣内で男性が射精をする事によって妊娠をするに至ります。
ソープではその様な行為が実際に行われますので、妊娠のリスクがつきまとう事になります。

今は少なくなりましたが、避妊具が十分に発達していない時代は、風俗街で働いている女性が妊娠してしまうという事が日常茶飯事でした。
ただ、現在は状況が大きく変化してきています
その中でも最大の影響を与えたのがピルになります。
一日に一粒飲んでおくだけで効果を発揮しますから、女の子にとっても負担が少なくて済みます。

コンドームを着けていれば膣内に出される訳ではないので平気という考え方もありますが、完全にゴムの中に精液が留まるかどうかというのはかなり微妙です。
ほんの数滴であったとしても漏れ出てしまえばコンドームの意味が無くなってしまうので、ここはピルを飲んでおいた方が無難でしょう。
お店の人にお願いをすれば貰えるかと言えば、そうではありません。
自分自身が病院に行って診察を受けて、やっと処方してくれる物です。

少し面倒に感じられますが、お店が紹介してくれる病院ですとかクリニックがありますから、そちらの方を利用すれば診察に掛かる時間も最小限で済みます。
基本的には毎日飲むという使い方になります。
出勤日だけ飲めばいいのではという気もしますが、それでは十分な効果を発揮できません。
何となくピルを飲みたくない気持ちは十分に理解できますが、高収入の風俗バイトであるソープで働くリスクを最小にするためにも、しっかり飲んでおかなくてはいけません。

副作用があると主張する人もいますが、命に関わるような物ではありませんから、それは受容する様にしてください。
コンドームにプラスしてピルを服用すれば二重の安全対策になります。
ソープで働いている女の子は、そのようにして働いているケースがとても多くなっています。

ヘルス系の場合は飲まなくていい

No, 禁止ソープ以外の風俗バイトでは原則本番がないので、ヘルス系の風俗で働く場合、ピルは飲まなくていいという事になります。
ただ、精液に触れる場面はそれなりに多いですから、絶対に妊娠しないかと言われればその保証はありません。
お客さんが口や胸に出した精液が下側に垂れ下がってきて、性器の内側に入り込んでしまうという事態も考えられなくは無いでしょう。

お客さんが発射をする瞬間、精液がどうなっているか注意深く観察しておいてください。
基本的にはその様な感じになっていますが、こういったお店ではお客さんが本番行為をしたいと女の子に要求するケースがあります。
いわゆる本番強要ですけど、これに対して仕方がないからという理由で受け入れてしまう女の子が案外多いです。
これはお店の内規で禁じられているだけではなく、法律違反にも該当してしまいますから、やらない様にしておかなくてはいけません

もし、コンドーム無しで本番をすれば、お客さんの赤ちゃんを妊娠する羽目になってしまいます。
人間というのは、自分にとって最悪のシナリオをできるだけ考えない様にしてしまいがちです。
皆さんの場合はそれが妊娠な訳ですけど、現実というのは自分の思惑とは無関係に進んでいってしまいます
最悪の事態を想定しておくという事が大切になってくるでしょう。

お客さんから迫られた時に断る自信がないなら、ピルを予め飲んでおくというのも1つの選択肢です。
ソープで働いていなかったとしても、ピルを入手する事自体は可能です。
いくらぐらいの値段がするものなのか疑問ですけど、1ヶ月分で約3000円と考えてください。
1日に1粒飲む事になりますから、費用としては1日100円という事になります。

これぐらいであれば負担なく購入する事ができるでしょう。
何となく自腹で支払うのに抵抗があるなら、お店側にお金を出して欲しいとお願いしてみても構いません。
大した金額ではありませんから、店長さんが「いいよ」と言ってくれるかも知れません。
ただ、ヘルスの場合、通常のプレイで妊娠する確率は皆無に等しいので、そこまでしてくれるかどうかは微妙な所でしょう。

余程仲が良ければサービスしてくれるなんて事も考えられます。
一般の会社とは違って風俗業界というのは万単位のお金が当たり前の様に移動しています
そこから考えれば3000円というのはほんの小額ですから、それは頭に入れておいてください。
もっとも、それだけ安いのだから、自分で購入すればいいのではという考え方もできなくはありません。

副作用で太るとも言われている

太ピルを飲む事によるメリットはかなり大きいですが、副作用というデメリットも報告されています。
ネットでよく見かけるのは、ピルを飲み始めてから太ってしまったという物です。

美しさが問われる事になる風俗バイトですから、太ってしまうとなれば相当困ってしまいます。
ただ、太る事とピルの関連性については必ずしも証明されている訳ではありません。
女の子が勝手にそう思い込んでいるだけという可能性も否定はできないでしょう。
風俗の仕事はそれなりにハードな物です。

体を沢山動かせば、その分だけ沢山食べたくなるというのは当たり前です。
そこまで体を動かさない業態だったとしても、精神的なストレスは溜まる一方です。
それを発散するため沢山食べるようになってしまったというのはよくある話です。
つまり、ピルを飲んだからそうなった訳ではなくて、食生活が変化したために体重が増加しただけという感じです。

ただ、女性ホルモンの変化によって、食事量が変わっていないにも関わらず肉付きが良くなってしまったという書き込みもありますから、簡単に結論付けてしまうのはよくありません。
現段階では因果関係は不明という事になるでしょう。
何れにしても皆さんがピルを服用する際は、体重の変化に気を配っておかなくてはいけません。
食事量が以前と同じなのに明らかに増加しているとすれば、食べる量を幾らか減らして体重を調節しておいてください。

それならいっその事ピルを飲むのを止めて、コンドームだけ使って仕事をすればいいやと考える女の子もいるでしょうけど、それはやはりリスクが大き過ぎます
基本的にはピルを飲んで、その上で体重の管理をする様にしてください。
それでも、どうしようもなくなった時に初めてコンドームのみでの接客という選択肢を考えるようにしましょう。
最初の段階で太るだろうと決めつけてしまうのはよくありません

若い女の子は恐怖心が強いので、ついその様に考えてしまいがちです。
少し太ってきてしまったと感じているなら、これを機会に運動してみてもいいでしょう。
適度な負荷であればスタイルの向上が期待できます。
一般的にスタイルが良いとされている人たちというのはトレーニングジム等で運動をしている事が多いです。

わざわざジムにまで行くのが面倒なら、自宅で自重を使ったトレーニングをしてみてください。
腕立て伏せとか腹筋運動とか、そういった単純な物であっても、それなりに効果は期待できます。

ピルを飲むと病気になりやすくなるか

病気少しぐらい太ったくらいで寿命が縮んでしまうという事はありません。
今の女の子は基本的に痩せ型ですから、尚更問題ないという事になるでしょう。
気になってしまうのは、それ以外の病気になってしまうリスクが高くなるのではないかという事です。
例えば、ガンとか心臓病等がそれに当たる訳ですが、今のところ特に関連性は無いと考えられています。

ですので、基本的には安心して飲んで頂いて大丈夫という事になるでしょう。
今の所はですから、将来的には研究が進んで危険だという結論が出るのではないかという心配はあります。
確かに、そういった可能性は考えられる所でしょう。
しかし、それを言い出したら、世の中のありとあらゆる物がそれに当てはまってしまいます。

普段私達が何気なく食べているパンやご飯であってもリスクが潜んでいるかも知れません。
どんな物を食べても飲んでも幾らかのリスクは背負っているという事を理解しておかないといけません。
どうしてもデメリットにばかり注目してしまいがちなのが人間です。
それ以上にメリットが多いという事を意識する様にしてください

ピルには妊娠を避ける以外にも、生理時の出血防止、精神状態の安定等が期待できます。
PMSに悩まされている女の子か多いと言われている昨今ですが、生理が無くなるので、その様な気持ちのブレというのも結果的に少なくなります。
まだ利用した事がないなら、これを機会に飲み始めてみてください。
ネットには沢山の意見が書き込まれているので、実際に自分が利用した訳でもないのに勝手にこうであると決めつけてしまう例が多いです。

本当なのか嘘なのか…それを確認したければ自分で使ってみるのが一番手っ取り早いです。
もちろん個人差がありますから、自分の症状が他の人たちにそのまま当てはまる訳ではありません。
しかし、少なくとも自分自身の場合、どのような変化が起こるかについては確認する事ができます。

自己管理を徹底してください

手帳利点の多いピルの服用ですが、気を付けておいた方が良い事柄もあります。
その最大の物はピルの飲み忘れです。
それをやってしまうと、ピルの効果が期待できなくなってしまいます。

説明書に記載されていますが、飲み始めたら毎日1回は飲むという決まりになっていますから、それを絶対に守っておきましょう。
昨日飲んだからまぁいいかという感じではいけません。
紙に書くかスマホに記録して、絶対に勘違いが起きない様にしてください
人間というのは都合よく物事を考えてしまいがちです。

シートベルトをせずに車を運転している時に、何となくパトカーに遭遇しないのではないか…と思うような物です。
それと同じようにピルを飲まなくてもどうにかなるだろうと都合よく考えてしまいがちです。
でも、そんな時に不幸というのは訪れてしまいます
中絶手術は早期であれば可能ですけど、体への負担というのを考慮すると、最初の段階でそうならない様にしておく必要があります。

今日出勤するかしないか、いくらお店側から報酬を受け取っているか等、自分自身で全て把握する様にしておかないといけません。
他人にお任せできれば楽ですけど、その様にはなっていません。
ピルを飲むか飲まないかに関しても完全に自己責任という事になってしまいます。
妊娠したからといって、お店側が責任を取ってくれる訳ではありません。

自分の事は自分でというと冷たく感じられますが、この業界においては事実ですから、それを前提に行動しましょう。

まとめ

風俗バイトのジャンルは多様ですから、ピルを飲む必要があるかどうかは、それぞれによって異なります。

基本的な考え方として、ソープで働くなら絶対に飲んでおきましょう
そうする事によって、望まない妊娠をせずに済みます。
それ以外のヘルス系等の風俗店で働くなら飲まなくても構いません。
ただ、心配性であれば飲んでおいても構わないでしょう。

大して高価ではないですから、経済的負担は殆どないと言えます。
気になる副作用ですが、女の子によっては体重の増加が報告されています。
ただ、これがピルによるものなのかという事は判然としていません。
単に食べ過ぎでそうなったという事も考えられますので、安易に結論付けないでください。

それ以外の病気のなりやすさについても特に関係ないとされているので、それなりに安心していいでしょう。
飲み忘れは厳禁ですから、しっかり管理してください。
1日も漏らさずに飲み続ける様にしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする