風俗バイトによる肉体疲労をできるだけ少なくするには?

全く疲れずに風俗バイトができれば理想です。
しかし、人間ですから、働いている内に自然と疲れが溜まってしまいます。
肉体疲労をいかに軽減するかが長期で働く上で重要になってきます。

どの様にすれば体への負担を少なくする事ができるかを見ていきましょう。
決して難しい方法ではありません
風俗ではない一般の仕事にも適用する事ができる物ばかりですので、最近疲れてしまっているなんて方は参考にしてみてください。

定期的に休みの日を入れておく

カレンダー1年間は365日あります。
これは周知の事実ですけど、頑張り屋の女の子であれば1日も休まずにお店に出勤しようとします。
確かに、そういった働き方自体は十分に可能です。

でも、そういう女の子は決して多くはありません
大抵の場合、しっかり休みを取っておくという事が重要になってきます。
一般の会社では一週間に1日は休みになっています。
それと同じように皆さんが働く際も何日かおきに1日は休みを入れておく様にしてください。

土曜日または日曜日というのがその第一候補になってきますが、風俗バイトの場合はかなり事情が変わってきます。
なぜなら、週末にお客さんの数が激増するからです。
平日は少なく、休みの日が近づくに従って増加傾向になりますから、このタイミングで休んでしまうとメリットが少なくなってしまいます。
ですから、それ以外の日に休むという様にしておくといいでしょう。

お客さんの少ない曜日がいつなのか、ご存知でしょうか?
ズバリ月曜日がそれにあたります。
ただ、火曜日や水曜日も似たり寄ったりですので月曜日に限定する必要はありません。
お客さん相手の一般の商売でも、この曜日を休みにしているケースが多くなっています。

日曜日にしっかり楽しんで、月曜日から会社に出勤するという方が多いですから、それも当然という事になるでしょう。
皆さんもお客さん相手の仕事をしている訳ですから、そういった休み方を参考にしておいてください。
休む際ですが、お店に連絡をしておかないといけません。
出勤するか否かについての情報は、お店側としても把握しておきたいと考えています。

出勤ができる人数というのは限定されている事が多いです。
なぜなら、控え室にあたる待機部屋のスペースが限られているからです。
なるべく早い段階で出勤スケジュールの提出をしておきましょう。
そうする事によって、お店の人達に迷惑を掛ける心配がなくなります。

週に1日休むというのが基本になってきますけど、人によって適切な休日の日数というのは変わってきます。
最近は土日休みになっている企業が多いですから、それを参考にして2日間連続で休むというのもアリです。
ただし、休日が余りにも多くなってしまえば手取りも少なくなってしまいます
お金と休日のどちらを優先するかは微妙な所でしょう。

それぞれの懐事情等も考慮した上で、今後の働き方を決めるというのが基本になってきます。

十分な睡眠時間を確保する

ベッド睡眠不足になってしまうと、集中して仕事に取り組むことができなくなってしまいます。

ですから、十分な睡眠を確保する様に努めてください
何時間寝ればいいかというのは個人差がとても大きいです。
3時間も寝れば十分という人もいれば、10時間ぐらい寝なくてはいけないなんて人もいます。
どれぐらいの時間が1つの目安になるかですが、目覚まし時計を使わずに寝てみて、自然と起床するまでに何時間掛かるかをまずは調べてみてください。

もちろん、誰かに途中で起こされたりしないという前提です。
それが、その人に適している睡眠時間という事になるでしょう。
この際ですが、寝る時間の長さだけではなくて、寝始める時刻についても意識してください。
その日の午後10時ぐらいに寝るという人もいれば、朝方寝る人もいます。

これは、どの時間帯であれば正しいとかそういった類の物ではありません。
百人百様の違いがありますから、それを把握しておくという事が肝心です。
一般の会社の場合や学校ですと、始業の時間というのは決まっています。
ですから、それにこちら側がどうしても合わせなくてはいけません。

自身が夜更かし型だからといって、始業時間を後ろにスライドして欲しいなんていうのは我儘になってしまいます。
ただ、ここが風俗バイトの大きなメリットです。
何時から働くかというのを自分自身で決める事ができますから、どんな睡眠時間の取り方であったとしても何の問題もありません
つまり、寝たい時に寝て、起きたい時に起きるという様にできる訳です。

ですので、その事を意識しておいてください。
ここで無理をして睡眠時間を削ってしまうのはよくありません。
注意散漫になってしまって、仕事でミスをする確率が高くなってしまいます。
電車やバスの運転をしている人が、稀に睡眠不足で事故を起こしてしまう事がありますけど、それ等は典型的です。

中途半端な事はせず、本人が寝たいだけ寝るというのが理想になってくるでしょう。
店舗型であれば半日、無店舗型なら一日中営業していますから、睡眠時間が余程長くなければ十分に出勤をする時間は確保できます。
だらだらと長時間出勤するのではなく、できるだけ短い間にお客さんの相手をする様に努めてください。
働く上で効率というのを意識しないといけません。

世間一般の殆んどの仕事は自分の思った様に寝る事が許されないですから、そういう意味で風俗業界は恵まれているという見方もできるでしょう。

出勤日の間隔を空けすぎない

Kiss1日出勤したら、次に働くのが1ヶ月後という働き方は余り感心しません。

こうすると肉体疲労を感じやすくなってしまうからです。
どういう事かですが、毎日歩いている人というのを想像してみてください。
歩き慣れていますから、何キロ歩いたとしても疲れきってしまうなんて事はありません。
しかし、1ヶ月に一度しか外で歩かない人であれば、それが苦痛に感じられてしまうでしょう。

働く事によって逆に負担が軽くなるという面がある訳です。
ただ、オーバーワークになってしまってはいけません
休日を入れる事の重要性は先程も言いましたが、それと同時に定期的に出勤する事も大切になってきます。
3日に1回は出勤する様にするとか、そういった風に決めておいてください。

最低でも1週間に1日の出勤はしておきたい所でしょう。
2週間に一度という感じですと間が空きすぎてしまいます。
適度に体を動かしておいた方が体調が良くなるという事を理解しておきましょう。
中途半端に出勤しても、まとまったお金を稼ぐ事はできません。

ある程度集中して取り組む方が効率的です。
週1の出勤を5年続けるよりも、週5の出勤で1年間頑張るといった働き方の方がいいでしょう。
これによるメリットは時間の節約です。
だらだらと過ごしてしまって時間が過ぎてしまえば、その分だけ皆さんも老けてしまいます。

歳を取ったからいけないなんて事は無いですが、若い方が健康ですし、やりたい事もやれるというのが現実です。
仮に25歳の時に働き始めたとすれば、5年後は30歳ですが、1年後であればまだ26歳にしかなっていません。
どうせ得られる金額が同じであれば、後者の方が圧倒的に得という事になるのではないでしょうか。
この辺りは個人の価値観が大きく関係してきますが、大抵の方には賛同して頂けるはずです。

若ければ若い程、この重要性というのが理解できるでしょうから、その事を意識してどれぐらいのペースで出勤するかを考える様にしてください。
若い頃の方が体も動きやすく肉体疲労も感じにくくなっていますから、比較的働きやすいでしょう。
そんなに何年も長い間風俗業界で頑張るという女の子は多くありません。
短期集中型と言えば非常に分かりやすいでしょう。

若い内にお金を沢山貯めれば、後が一気に楽になります
お金の事を心配せずに生きていくという事は殆んどの人はできない事です。
風俗で働けば、そこから逃れる事ができますから、できるだけ早くお金を稼いでおきましょう。

ストレスの存在を意識しない様にする

ストレスストレスという言葉そのものは戦前に生まれたとされていますが、一般的に使われる様になったのは1980年代の半ば頃だと言われています。
言葉が普及するに従って、それを人々は意識し始めるようになりました。
嫌な事があっても、そういう物だと思ってきた人たちが、ストレスを溜めるようになっていった訳です。

それによって、余計にイライラしやすくなってしまった感は否めないでしょう。
ストレスという語によって人々の意識は大きく変わりました。
実際の肉体的疲労はそれ程でもなくても、しばらくの間出勤していると、肉体疲労が溜まっているのではないかと錯覚してしまいがちです。
もちろん、人によってその差というのはあります。

それを強く感じてしまいやすい人もいる訳ですが、そうでないのに肉体疲労が激しくなってしまっていると思い込んでしまう例があります。
ですから、余りストレスの存在を意識しない様にするのがオススメです。
休む事の重要性は先程説明しましたが、全く休まなくても平気だという人もいます。
そういう人であれば何連勤したとしても何の問題もないです。

今のところ特に疲れた感じもしないし…というのなら、自分がそれに当てはまっている可能性がかなり高いです。
小中学生の頃を思い出していただきたいですが、学校に通うのがそれ程苦痛ではなかったという人もいるでしょう。
休みの日を待ちわびていた人もいれば、土日も部活で登校していたなんて人もいます。
自分自身がどの様に感じているかという事はとても大切です。

別に、誰かが決めた休日に従わなくてはいけないなんて事はありません。
この辺りの自由度の高さというのは風俗バイトの大きな利点の1つになっています。
ただし、組織に管理される事に慣れきってしまっている人だと、不安感を覚えるかも知れません。
この業界は休むにしても出勤するにしても、それを全て自分で決めるというのが原則になっています。

自分自身の身体の声に耳を傾けるというか、そういった意識が大切になってくるでしょう。
そうする事によってどうすればいいかという答えも分かってきます。
ここまでの説明は基本的な事であって、全ての人に当てはまる内容にはなっていません。
どうすればベストかという事は自分自身で見つける様にしてください。

疲れを感じるまで、とにかく突っ走るなんてやり方もアリです。
決して無理をせず、自分のやりたいように働いてみましょう。

お店でマッサージをしてもらう

マッサージ皆さんは普段お客さんに対してマッサージ的な行為をしています。
でも、たまには自分自身がマッサージを受けてみてはいかがでしょうか?
30分で3000円とか、それぐらいの料金でマッサージをしてくれるお店が近年増加しています。
普段の生活でもそれなりに体は動かしていますが、そうでない部分はどうしてもコリが強くなってしまいがちです。

それをほぐしてもらうために、こういったお店を利用してみるというのもいいでしょう。
そういった施術をしてもらった経験がないという方の方が全体としては多いでしょうから、ちょっとした感動を覚えることでしょう。
ただ、それによって新たに出費が増えてしまうという心配もありますから、あまりにも頻繁に利用するのはオススメできません
風俗で稼いだお金のかなりの部分がマッサージで消えてしまうなんて事になったら大変です。

週に一度だけにしておくとか、ある程度節度を守った上で利用する様にしておいてください。

まとめ

肉体疲労を少なくするために意識したいのは休日です。

週に一度くらいは休んでおくのがベターになってきます。
どこの会社でも取り入れられている休日ですから、皆さんにとってもプラスに働く可能性が高いです。
それよりも重要と言えるのが睡眠時間の確保です。
寝不足の状態ではまともな接客をする事は困難でしょう。

集中して接客をするためにも、自分に適した睡眠時間がどれくらいなのかを把握しておくべきです。
休むのも大切ですが、かと言って出勤日の間隔が空きすぎてしまうというのは逆効果です。
何日かに1回は風俗のお仕事をしておいてください。
適度に体を動かすことによって逆に疲れにくくなります

現代はストレス社会とも言われていますが、それを余りにも意識してしまうのは良くないです。
気にせず自分のペースで頑張るようにしてください。
それ以外の方法としてマッサージ店で施術をしてもらってもいいでしょう。
体のコリが取れるので疲労軽減に繋がります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする