風俗バイトはやっぱり容姿=稼ぎ?見た目が良くないとダメ?

本人の努力次第であれば頑張りがいもありますが、容姿=稼ぎが風俗バイトの現実だとすれば、状況は厳しくなってしまいます。
大抵の女の子は、そこまで見た目が優れている訳ではないからです。

まずこれが事実なのかどうかを見て行く事にします。
その通りだとすれば、それとは別の方向での努力の仕方を考えていかなくてはいけません。
いくらお店に在籍する事ができたとしても、まとまったお金を稼げなければ意味がありません。

美人だとロケットスタートができる

ロケット容姿=稼ぎ、というのは残念ながら間違いの無い事実です。
ただ、幸いそれだけで結果が完全に決まってしまうという訳ではありません。
それ以外の要素も絡んでくる訳ですが、やはりそれでも容姿の重要度というのは桁違いに高くなっています。

美人であれば圧倒的に稼ぐ事ができます
風俗バイトをするにしても、ロケットスタートが可能になるでしょう。
徐々に加速していくのではなくて、最初の段階でトップスピードに到達する事ができる訳です。
働き始めの段階で既に写真撮影を終えているという事が多いですが、容姿に自信があるならそれを積極的にアピールしておいた方がいいでしょう。

できれば顔出ししておきたい所です。
いくら美人であったとしても顔が分からなければ、お客さんが「ブスかも知れないな…」と考えてしまいます。
そうする事によってどうしても身バレしやすくなってしまいますが、お店側で一応の加工はしてくれるので、多少のバレ対策にはなります。
顔以外に見られるのはやはりスタイルです。

EカップとかFカップだと、それだけでお客さんが注目をしてくれます。
もちろん形の良さというのも求められます。
ただ大きければいいという単純な話ではありません
顔と身体の両方の条件をしっかり満たしていれば、初日に御予約完売になる可能性もかなり高くなります。

気を付けておいた方がいいのは、やはり調子に乗り過ぎないという事でしょう。
美人だとどうしても他人を見下してしまいがちです。
最初の段階で稼ぐ事ができても、性格が悪ければ徐々にその勢いが衰えていってしまいます。
お客さんは意外と性格も重視しているので、できるだけ愛想よく振る舞っておきたい所です。

顔と体と心の三拍子が揃っていれば理想的です。
これまでの人生で周りから褒められる機会が多かったでしょうから、性格自体も良くなる事が多いですが、この辺りはやはり生まれつきの面も関係してくるので何とも言えない所です。
良くないのは自信過剰になってしまって、お客さんに横柄な態度を取ってしまうというパターンです。
これは意外なぐらい多いです。

ちょっと不潔な感じのお客さんがやって来ることもありますけど、そういう時にもイライラしない様にしてください。
少ないお給料から何とか風俗費用を捻出しているという人達も少なくありません。
どんな社会的な立場の人に対しても優しく接する事ができる…そんな風俗嬢である様に心がけましょう。

並以下の容姿だと時間が掛かる

時計残念ですが、殆んどの女の子は容姿面で恵まれているとは言い難いです。
しかし、内面の良さをしっかりお客さんに認識してもらえれば挽回自体は可能です。
1日に1人か2人ぐらいしか接客の機会がないでしょうから、その時にアピールする様にしてください。

10日出勤すれば、10人から20人の相手をする事になります。
人数的には少ないと言わざるを得ませんが、しっかり接客できていれば、この内1人ぐらいはリピートが期待できます。
そのペースで1ヶ月2ヶ月…と続けていけば、最終的にどうなるかはお分かりでしょう。
人気の女の子と匹敵とまでは行かないかも知れませんが、それなりの人気を得ることができます。

もちろん本人の接客スキルが高くなくてはいけないという条件がありますから、それが自分にあるかどうかは大きなポイントになってしまいます。
並以下の容姿なのに接客スキルまで低いとすれば、お客さんが本指名してくれる様になるはずもありません。
ウサギと亀の話がありますが、言ってみれば皆さんは亀の様な存在です。
ゆっくりとした歩みでも着実に前進する事ができていれば、やがてはウサギを追い越すという事も不可能ではありません。

そのために大切なのは、お客さんに対する気持ちの持ちようです。
接客をしてあげているという上から目線であってはいけません。
貴重な時間を頂いて接客させてもらっているという謙虚な気持ちになってください。
それが良い接客へと繋がって行きます。

まとめ

美しい女の子が優遇されるのはどこでも同じですが、風俗バイトの場合は特にそれが顕著です。
容姿=稼ぎというのは、この業界において厳然たる事実です

美しいという、ただそれだけで予約が殺到する事になります。
そうでない平均的なレベルの容姿の女の子は地道に接客をしていかざるを得ません。
お客さんをできるだけ気持ち良くさせようという思いを持つようにしてください。
時間は掛かりますが、少しずつ常連のお客さんが増えていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする