風俗バイトをする時はやっぱり化粧をしないといけないの?

普段、どれぐらい化粧をしているかというのは個人差が大きいですが、風俗バイトではお客さんを相手にする事になるので、やはり化粧をしなくてはいけないのでしょうか?
慣れていない女の子だと、どうしても面倒に感じられてしまいます。
しなくてもいいなら、そのままで頑張りたいといった所ですが、実態はどうなっているのでしょうか?

化粧はマイナス面ばかりではないですから、どんな利点があるかについても知っておく様にしましょう。

化粧が義務かどうかは店毎に違う

化粧化粧をしない状態の事をスッピンと言いますが、この状態で接客をする事は可能なのでしょうか?

結論から言えば、ケースバイケースという事になります。
お店の方針というのも関係してきますから、絶対にしなくてはいけない、或いはしなくてもいいとは言い切れない訳です。
すべきかどうかに関して、求人サイトには情報が書かれていない事が大半ですから、お店に直接問い合わせをしなければ確認のしようがありません。
もし、しなくてもいいという事になった場合、そのままお客さんの目の前に行って大丈夫かなという疑問がありますけど、これは元々の顔の状態次第という事になるでしょう。

化粧をしなくても殆んど変化が分からない女の子もいます。
その場合であれば、スッピンであってもデメリットは全くありません。
化粧をするのに多少は時間が掛かってしまいますから、その時間を省く事ができるとすれば、かなり都合がいいと言えます。
それとは逆に、化粧をしなくてはいけないというお店の場合は、やはりそれに合わせておくべきでしょう。

お店全体の統一感というか、そういった事もそれなりに重要になってくるからです。
自分の個性を大切にしていきたいなんて女の子もいます。
その気持ち自体は素晴らしいですが、自分1人だけで働いている訳ではなくて、お店の看板の下で働かせてもらっている訳ですから、ある程度は周囲に合わせるという事もしておかなくてはいけません。
化粧と言っても、ほんのちょっと軽くやっておくだけで大丈夫ですから、そこまでの負担にはならないはずです。

ファンデーションと口紅を塗って、眉毛を描いておけばいいので、とりあえずやっておいてください。
これまで全く化粧をした事がないなんて女の子もいるでしょうけど、割と早い段階で慣れますので、最初はぎこちないながらもやり続けてみてください
やり方が分からないなら、周りの女の子に化粧の仕方を教えてもらってもいいでしょう。
店舗型でも無店舗型でも、どちらであったとしても女の子が待機をしている部屋がありますから、その時に教えてもらう機会があります。

人間というのは他の人に頼られると気分的に良くなりますから、気になる事があったら色々と質問しておいてもいいでしょう。
ただし、接客の準備段階に入った時は声を掛けない様にしてください
できるだけ効率よく働きたいというのは皆共通しているので、その辺りの線引きはしておかなくてはいけません。

赤い口紅は避けた方がいい

口紅最近流行していると言っても過言ではないのが赤い口紅です。
周囲に合わせたがる女の子が多いですから、そういう口紅を使っているなんて方もいらっしゃるでしょう。
ただ、こちらですが、正直風俗バイトではオススメする事ができない化粧の仕方になります。

その理由を一言で言ってしまえば、お客さんから見た時にケバケバしい印象になってしまうからです。
やたら派手で目立ってしまうので、男性客からは好まれにくいと考えてください。
ファッション誌でモデルさんがこういったメイクの仕方をしていて、それを真似しているという訳ですが、そういった雑誌で取り上げられているから美しいかと言えばそうではありません。
男性の好みは時代によって極端に変わるものではなくて、ある程度安定しているのが普通です。

口紅を塗ること自体は全く否定しませんが、色についてはそれなりに薄い色を使っておく様にしてください。
色を濃くするメリットは殆どありません
また、何かの拍子に、その口紅がお客さんの衣服等についてしまい、それがキッカケで風俗通いがバレてしまう心配もあります。
薄い色であれば見逃される可能性もそれなりにあったのに、濃い赤色にしてしまったがために奥さんに目を付けられてしまったなんて例は数知れずです。

この様な事態になってしまえば定期的な来店も期待できなくなってしまいますから、できる範囲内で注意しておいてください
赤い口紅の違和感を知りたいならおたふくで画像検索をしてみてください。
そうすると、おたふくの面が結果に表示されますが、この時の様な印象をお客さんに与える事になります。
今の若い人たちというのは、おたふくをあまり見る機会がないでしょうけど、年配のお客さんなんかは赤い口紅を塗っている女の子を見ると、どうしてもおたふくを思い浮かべてしまいます。

その話を聞くと、何となく自分がやっている行為が恥ずかしい事に感じられてきたのではないでしょうか?
そうは言っても、自分の周りのお友達が皆その口紅をしているから…といった悩みを抱えている女の子は多いです。
周りに合わせる事によって仲間意識を高めようという女の子ならではの習性ですが、本気で風俗で稼ぎたいと考えるなら、赤い口紅は止めておくと決断しておかないといけません
お友達と会う時は改めて塗り直すのもいいですが、面倒なので使わないという方針にしておくのがオススメです。

肌を白くしない方が健康的に見える

化粧昔は特にそういった事はありませんでしたが、現代は肌が白ければ白い程美しいという価値観が広まっています。
実際、そういった色のファンデーションが売れている訳ですけど、お客さんからすると正直あまり意味がないというのが実際の所です。

むしろ、実際の肌の色と異なる白さが強調されてしまうため、そこに強い違和感を感じてしまう事が少なくありません。
先程の赤い口紅と同じような状態と言えば理解しやすいでしょう。
肌を白くすると、赤い口紅がより強調されてしまう事になりますから、マイナスの幅が大きくなってしまいます。
使うなら、色については現在の肌と変わらない様なファンデーションを選択しておいてください。

もっとも、昔は日焼けした肌がそれなりに人気がありましたから、無理をして化粧品を使わなくてはいけないなんて事もありません。
特に若い女の子であれば素肌が美しいですから、そのままの方が好かれる傾向すらあります。
基本的に化粧品というのは自分自身のマイナス面を隠すために使うものですから、それが無いなら使用する必要もないという事になります。
購入する必要がないのでお金の節約になりますし、化粧の時間も無しにする事ができる訳ですから、これによるメリットはかなり大きいです。

ただし、素肌が美しくないといけないという条件がありますから、それなりに若くなければ厳しいでしょう。
20代前半ぐらいであればスッピンでも特に違和感はありません。
むしろ、それぐらいの年齢なら日焼けをして、健康的な感じをアピールするなんてやり方もあります。
当然シミが気になってしまいますけど、若い時というのは回復力というのが桁違いに強いですから、殆んどできないと考えて頂いてもいいでしょう。

何十年も風俗業界で頑張るなら、それなりの日焼け対策をしておいた方がいいですが、多くの女の子は数年以内にお店を辞める事になるので、そこまで肌に神経を使う必要は無いというのが実態です。
肌のシミやシワというのは基本的には老化によって発生するものですから、それに抗うのも限度があると理解してください。
化粧品を作っている会社としてはビジネスですから、これを使えば問題解決という方向に持って行きたい訳ですが、実際にはそう簡単な話ではありません
適度に外で運動しているぐらいの方が体の引き締め効果もあって、スタイルがよく見える事が多いです。

肌の白さに固執するメリットは少ないと思って頂いていいでしょう。

眉毛を剃っているなら描いておく

眉毛どういう訳か、日本では若い女の子が自分自身の眉毛を殆んど剃ってしまっている事が多いです。

これはファッションモデルや芸能人の真似だったりする訳ですけど、正直言って男性客からは不評です。
眉毛がないという状態で得をする事は一切ないと言っても過言ではないでしょう。
幸い眉毛は描く事ができますから、もし眉毛がないという場合はそれで補う様にしてください。
描き方にもポイントがあるので、それを守るようにしましょう。

たれ眉やアーチ眉等ありますが、基本的にはどれを選んだとしても問題ありません
ただし、上に吊り上がった様な描き方だけは絶対にしない様にしてください。
マンガのキャラクターでも、これをやってしまうと明らかに怒っている様に見えてしまいます。
実際に皆さんが怒っているかどうかというのは重要なポイントではありません。

男性から見ると、どうしてもその様に見えてしまいますから、それを避ける様にしなくてはいけません。
女の子の性格によっては、この眉毛を選択しやすくなります。
気が強く、男勝りなタイプだとそうなってしまいがちです。
皆さんの周囲を見渡してみても、そういった性格の女の子は眉毛が吊り上がっているのではないでしょうか?

普段プライベートでどんな眉毛をしてもその人の勝手ですけど、風俗バイトでお金を稼ぐという事を考えれば絶対に止めておいた方がいいです。
怒っている女の子とプレイしたがるお客さんは殆んどいません
男性の好みに合わせる事を媚びると解釈して、それを嫌がる女の子がとても多いです。
でも、この業界というのは、いかに男性に媚びるかが大切ですから、それを忘れない様にしてください。

それができないなら少ない手取りで我慢せざるを得なくなります。
自分の信念を貫き通すか、それについては妥協してお金を稼ぐ事に集中するか、早い段階でどちらかを選んでおいた方がいいでしょう。
考えなくてはいけないのは、自分の好みとお客さんの好みは全く違っている事が少なくないという点です。
それが偶然にも合致しているなら本人負担は殆どありませんが、そうでない場合は様々な葛藤が生まれる事になります。

これまで自分の思ったままに生きてきたから、そのままの感じでやって行きたいというのは分かりますが、たまには男性客に合わせてみてはいかがでしょうか?
実際、それによって指名が増えるので、その恩恵は計り知れないものがあります。

お客さんによって化粧を変えてもいい

化粧一度化粧をしたら、出勤から退勤までずっと同じままにしておかなくてはいけないなんて事はありません。
お客さんによって好みの化粧というのは違いがありますから、もしそれを把握している場合は、その時々に応じて変えるという事も考えておきたい所です。
これは、何も化粧だけではなくて、髪型にしても同じ事が言えます。
化粧よりも髪型の方がお客さんに与える影響は大きいですから、変化のさせがいがあるという見方もできます。

そのために大切になるのが情報収集です。
これは、お客さんとの会話によって、聞きだす事が可能です。
どんなタイプの女の子が好きとか、そういった話題を積極的にしておきましょう。
この際、本音を聞き出さなくては意味がありません

男性はどうしても女の子の前では格好つけたがる習性がありますから、本当の自分の好みとは違う答えをしてしまう事があります。
信頼関係を深めて本音で会話ができる様になっておきましょう。

まとめ

風俗バイトで化粧をするかしないかは、お店によって違っています。
半ば義務になっているお店もあれば、女の子の裁量に任せているという所もあります。
仮に化粧をするお店で働く場合ですが、赤い口紅は避けておいた方がいいでしょう。
異様に口元が強調されますから、これがどうしても不自然に見えてしまいます。

また、それと同じような理由で、肌を白くし過ぎないという事も大切です。
美白はあくまでも流行で、男性客の好みではない事が多いです。
若い女の子の場合、なぜか眉毛を剃ってしまいがちですが、そのままの状態でお客さんの目の前に現れれば驚かれてしまうでしょう。
しっかり眉毛を描いておかなくてはいけません

注意点は吊り上がった描き方をしないという事だけです。
ただ結局のところ、化粧の好みというのはお客さん次第ですから、それに合わせておくという考え方もあります。
赤い口紅が好きな男性が相手なら、接客前に塗っておくといいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする